日本最初の西洋画画会ー日本太平洋美術会 絵画部門の運営委員会委員 浅野康則先生

百三十年余りの歴史がある日本太平洋美術会、絵画部門の運営委員会委員 浅野康則先生。前身は「明治美術会」である。明治22年に設立され、西洋画をメインとする画会。明治35年に「太平洋画会」と改称した。その時の有名な西洋画家たちは、満谷国四男、吉田博、中川八郎、石川寅治、石井柏亭、大下藤次郎、丸山晩霞等。1902年1月、第1回展を上野公園5号館で開催した。そのあと、日本近代美術史に燦然たる足跡を残してきた。

 

1904年(明治37年)谷中の清水町では太平洋画会研究所を開設し、後進の育成も行った。1929年「太平洋美術学校」と改称、初代校長は中村不折先生(日本西洋画画家、書道家)。1936年に台東区根岸の旧宅跡に日本書道博物館を開館した。日本文部省美術展覧会(文展)の審査員。中国の書の収集家としても知られ顔真卿の現存する唯一の真蹟といわれる「自書告身貼」などを収集した。

 

日本太平洋美術会 絵画部門の運営委員会委員 浅野康則( Asano Yasunori )先生(右下ㄧ)、70歳超え、决定一千多位成员公幕展“生死”的前辈级艺术家,千名以上の会員の公募展の入選や受賞ができるかどうかを決める大先輩級の芸術家。全く偉そうな態度がなかった。フランスのパリ、中国で長年にわたって展示会を開催されている。

「東京にとって、横浜はただの田舎だ」。130年以上の歴史をもつ日本太平洋美術家の绘画部門運営委員会委員の 浅野先生は、とても謙虚に言った。
 
「東京から横浜に来てくれて、とても嬉しく思う。横浜は日本初の開港した国際都市だ。明治時代の岡倉天心は日本美術院の創設者であり、横山大観、下村観山、菱田春草などのような日本で大変有名な大先輩は皆が彼の学生だ」。
 
「菱田春草先生ですか?初めて台湾と日本のアーティストによる日本でのコラボレーション展は、菱田春草先生の故郷の長野県飯田市で開催された。そこには菱田春草先生の個人アートギャラリーがあります。」
 
「非常に良い、長野にも多くの有名なアーティスト、先輩がいらっして、日本の多くの先輩たちも長野を描きの対象として、長野で生まれた方も、横山大観先生ご本人も長野の山々を絵画のメインとした。日本の文化についてよく知っているようで、貴方が大したものですね。」
 
「こんなに歴史が古い画会なのに、なぜ先生はそのような現代的な作品を創ることができますか?」
 
「アーティストは画期的なものを作らなければならない、ようやく芸術家と称することができます。私はアーティストだとは言えませんが、ただ1人の描きを好きな老人です。」と浅野先生が話しながら学生の絵画をみていました。授業のときも、生徒に同じことを描かせないこと。
 
「学生の創造、私はいつもみんなのレベルを見てから、個々の指導をすること。」
 
「生徒に同じものを描かせないのはなぜですか?これは簡単ではありませんか?」
 
「日展のように、ほとんどすべての絵画が肖像画ですが、作品は同じで、変化は見られませんでしたが、アーティストにとって、良いことではありません。学生を指導するとき、このような原則に基づいている。学生に自分の道を切り拓かせます。」と浅野先生が言い続けた。
 
「さらに、同時に、私たちは公募展から落選した方の展示会も開催しました。時には公募展が必ずしも公正であるとは限りませんが、画会の会員ではないかもしれませんが、また、審査員は不公平になることもありますが、これが原因で落選したら、アートクリエイターに従事したい方にとって、とっても不公平です。私たちはまた、もうひとつの仕組みを設立し、芸術家に展示する空間が提供できます。」浅野先生がポスターと申請方法を渡してくれました。
 
「日本第二の都市である横浜の18の地区のアート画会をとりまとめて、横浜開港に関連する展示会を開催するため、先生は挫折を経験しましたか?」
 
「残念ながら、横浜今後の発展のために、18の地区に集まった数十の画会が共同で展示するが、まだいくつかの画会がのこっていました。」と浅野先生が微笑んでいました。
 
「一般的には、アーティストが異なる画会や画派に非常に排他的ではありませんか?どうして数十の画会をとりまとめて、展示することができますか?」
 
「基本的には、横浜のための良いことが皆同じ方向性で、もちろん、誰もがまだ小さなことについて自分の意見をもっていますが、これは共存共栄であり、いくつかの小さい利益のために横浜の未来の発展を見落とす必要はありませんでした。」
 
武蔵野美術大学ご出身のアーティスト、アーティストが創作することに好きであるべきだと、ようやく芸術家と称することができます。浅野先生は、1000人以上の公募展の審査員として横滨18区の数十个画会をとりまとめて,いっしょに横浜の芸術文化の発展のために、共に芸術展をつくりあげて、そしてリーダーの肩書きを後輩に譲りました。
 
「どうしてこのように苦労して資源を統合したあと、後輩に譲りましたか?」
 
「これは何もない、皆さんは横浜の将来の発展のためです!肩書は意味がない。重要なのは、すべてのアーティストが横浜のために頑張っているからです。」
 
「パリでの先生の展示会の経験についてお話ください。」
 
「パリで何度も出展し、一般に、私たちはパリの古い歴史をもつギャラリーを通じてコラボレーション展や個展を開催します。何人のお友達はパリで10数年に住んでいて、この地域の真の文化を理解します。」
 
「現在、ルーヴル美術館、ベルサイユ美術館は、外国人アーティストに展示会場を提供し始めています。あなたはどう思いますか?」
 
「一般的には、ルーヴル美術館、ヴェルサイユ宮殿、その他の古跡は展示することができないのですが、近年、いくつかの新しい建物を建てて、外国人アーティストに貸して、展示会を開催することができます。また、利益を図るためであるべきでしょう。」
 
「しかし、私たちはまだ実際の展示会場で展示会を開催することに慣れており、ご当地の芸術や文化と本当にコミュニケーションをとることができますが、展示は意味があります。」
 
「その前に日本に来る中国人学生の世話をしました。彼らも武蔵野美術大学で勉強し、とてもまじめでした。彼らが卒業した後も、また私と連絡を取り合い、このようにして、中国側との美術展につながりました。」
 
「以前は中国遼寧で5人展を催して、トータルで50点の作品です。中国のアーティストは非常に作品の包装、額入り、および保険のことを心配することが多いようです。私にとって、それは些細な悩みではないが、直接に封筒を使用し、作品を折りたたみ、その折り畳みの痕跡もちょうど自然に芸術的創造の一部であり、一種の表現方法でもあります。時には、壁の展示スペースに直接に作品を取り付けられ、または一緒にプラスチックスリーブで包まれたものも一緒に展示すること。」 浅野先生は中国、フランス、韓国などのアーティストと共同で展示会を行ったことがあって、また、台湾のアーティストとのコラボレーション展を開催することを大いに期待しています。
 
「私もパリでこのように、現在フランスのパリで開催されている現代美術の創作者の多くは、主にフレームレスの方法を使って展示しています。パリはまだ世界の現代美術の中心であり、日本はそれができません。」先生は控えめに話しました。
 
「作品を一つずつ折り畳みにします。私の作品は油絵、水彩絵、アクリルカラーをメインにして、その上いくつかの複合材料を加え、例えばCD-ROMに顔料をつけて、また装飾して、創って、作品として完成させました。」
 
「とても包装を重視する必要がなくて、創造的な芸術が自分のために語りかけましょう。」何千人もの公募展の審査員の浅野先生が言いました。
 
「現代美術の創造は画期的なものでなければならない、経験をもち、人生の経験、異なるの創造的な経験によって、ある程度変えます。永遠に連綿と続いて絶えない表現の手法とクリエイティブな精神が正ではないかと。」
 
「先ほど日展について言及したが、日展が好きではない、あまりにも伝統的な、すべて同じものを描くので、意味がありません。」130年余りの歴史ともつ画会の委員が古い隣人と話すように。
 

「パリはとても先進的で、あちらでとても安い料金で部屋を借りて、展示することができます。多くの友人は皆共に1つの空間を借りて展示しに来ます。あちらで10数年以上生活していたアーティストは、とても安い金額で自分の不動産を持つことができます。下はギャラリーとして、アーティストの友人に展示させて、創作に専念するために、彼ら自身のスタジオとして使うこともできます。時には無料、または安い料金で展示会を開催するアーティストに貸します。」また、パリの話題になりました。

 

浅野先生はまた立ち上がって、生徒の創作状況を見て、軽く指摘しました。

 
 
注:岡倉天心(日本語:おかくら てんしん,1863年2月14日-1913年9月2日),日本の明治時代のア美術家、美術評論家、美術教育者、思想家。本名は岡倉覚三。彼の弟は英語学者の岡倉由三郎。1887年,東京都美術学校(東京芸術大学)の準備リーダーとして働いていました。その学校は1889年に正式に設立されました。1890年,東京藝術学校(東京芸術大学)第二期校長を務める。著作は:『岡倉天心全集』、『東洋の理想』、『茶の本』等

 

Asano Yasunori 浅野康則先生 作品

 

Asano Yasunori 浅野康則先生 作品

 

Asano Yasunori 浅野康則先生 作品

 

注:弊社サイトの 「人物像」で公開した内容は、すべてインタビュー対象者の視点である、弊社の立場を代表するものではなく、弊社の価値判断を表すものでもありません。

 

人物像の内容:

微生物の宇宙-日本現代美術家展審査員 及川秋星先生

日本初の西洋画画会-日本太平洋美術会 絵画部門運営委員会委員 浅野康則先生

日本・横浜市議会議員・公明党神奈川県本部宣伝局長 中島光徳様

日本・横浜市金沢区美術協会会長 羽佐間英二様 事務局長 山口武夫様

日本・横浜市戸塚区役所地域振興課課長 卯都木隆幸様

日本・二紀会準会員 水村繁様

嶺南画派「何香凝芸術名作展」日本・東京都上野森美術館にて開催 

「横浜を描く」ー日本人画家 鈴木信之先生 Suzuki Nobuyuki

日本・創業百年の企業ー株式会社直勝筆

 

拡張読み:
 
拡張読み之二:
 
展示会後のデータベースの保管方法は?答えは、オンライン展示場プラットフォームの設立にある:
 
どのように完全なデータベースサイトプラットフォームを構築するの?
 
雑誌を出版する以外、出版社は出来ることが何だろう?参照してください:
 
我々のお客様:
 
オンラインプラットフォームを構築する方法を知らないのですか?我々が書いたものを参照してください:

 

 


BLOG COMMENTS POWERED BY DISQUS

サイト内の検索

メインメニュー

Webサイトの構築 | ビジネスショー | eコマース | 芸術文化 | カルチャークリエイティブ | デジタルコンテンツ | ビジネスポータル |製品の機能 |Webサイト制作プロセス|製品・カスタマーサービス導入ケース |製品の教育 |eコマースの特殊コンポーネント | 購入プロジェクト | 最新ニュース |日本国際展示会 | 会 社概要 | 協力団体 | 人物像 | | 社長のブログ | お問い合わせ | c 2001-2018 | 繁體中文 | 简体中文 |日本語 | English | German

" eコマースグーグル(Google)のキーワードの最適化技術に取り組んでいる、そして、グーグル(Google)が提唱した
 
RWDレスポンシブWebデザイン を強みにしている、
 
そしてグーグル(Google)モ バイルデバイスで注文を送受信できる、Webサイト構築と個人メディアを結びつける、芸術文化のデータベース構築を始めとして、
 
斬新でシンプルなブランドのWeb サイトのデザインのスタイルが多くの業界で知られている。"
 
RUMOTAN 儒墨堂

E-mail: service@rumotan.com

営業時間:月曜日から金曜日 AM10:00-PM6:00