台湾と日本の芸術交流の「懸け橋」を担う

インターナショナルなITネット企業躍進

台湾虎之助デジタルテクノロジー有限公司(王穆提CEO)、日本儒墨堂株式会社(同)は、台湾と日本をまたがるインターナショナルITネットワーク企業だ。グロバールハイエンド技術を取り入れた管理システム(CMS)の技術開発に力を注いでいる。芸術文化に携わる芸術家向けにデジタル美術館を開設するビジネス以外に、さまざまな企業のWEB電子商取引のウェブサイト・プラットフォームを開設するビジネスなどを展開している。特に三大部門(IT事業部門、国際展示会企画部門、美術品部門)を柱に世界各地のユーザーを対象とした文化のアイデア産業といってよい。十数年のキャリアを通じて、同社は取引先のネットワーク統合に貢献している。そのために世界レベルRWDの標準設計のモデルを採用、ウェブサイトはコンピュータ、フラットパネル、インテリジェント携帯電話(iphone)といった端末機器に、異なる配置方式を設置し、特に簡潔な設計によってデータベースを管理している。文化アイデア産業の組織と芸術に携わる専門家に対してネットワークの綿密な計画を立てている。そのためデジタル化した膨大なデータベース管理システムを構築し、企業独自のクラウド方式を採用。使用者の使い勝手を向上させ、かつ斬新なビジネス構築を推進し、国際市場をフレキシブルに開拓できるよう支援をしている。

儒墨堂株式会社・虎之助デジタルテクノロジー有限会社は、日本と台湾が統合した国際的な企業で、世界的なハイエンドのコンテンツ管理システム(CMS)のサイト技術に力を尽くしている。アーティストのアートギャラリーのデジタル化の確立を協力するだけでなく、さまざまな業界のWEBのプロダクションプロジェクトも力を尽くしている。

日本の会社は、有名な東京タワー、六本木、麻布十番の港区に位置する。この区では、多くの国の大使館、世界貿易ビル、お台場がある。そして、あなたはこのエリアの日本国立新美術館、サントリー美術館、森美術館で展覧会を楽しむことができて、夜は、森ビルの六本木ヒルズの展望台に行けば、東京の夜景を見ることができる。

我々はデジタルプラットフォームを整合し、スマートフォン(iphone、アンドロイドなど)とタブレット(ipadなど)、世界クラスの標準製品モデルを使用して、簡単に管理できるような画面のモデルを利用して、 一心に文化のアイデア産業の組織と従事する方の協力プラットフォームに適合する計画を立てる。デジタル化した大型データベース管理システムを確立し、エンタープライズクラウドの方法でユーザーをより簡単に操作し、及び文化アイデア産業の構築をベースに国際市場を拡大する。

我々は長い間、累積してきたエネルギー(技術)、産業界・政府・学術界を結び付けて、経営モデルを統合させる。海外の多くの顧客を協力するから台湾のカルチャーアイデア産業の従事者を支援するまで、数多くの海外メディアからの報道と称賛をうけた。

我々は長い間、累積してきたエネルギー(技術)、産業界・政府・学術界を結び付けて、経営モデルを統合させる。海外の多くのお客様を協力するから台湾のカルチャーアイデア産業の従事者を支援するまで、数多くの海外メディアからの報道と称賛をうけ、長い間、我々はずっとアジアを重要な拠点とする:

サイト内の検索

メインメニュー